アイテムの選び方

アイテムの使い方はひとそれぞれ。
例えばテーブルはダイニングスペースであると同時に、ワークスペースやお子様の勉強スペースにもなります。
自分や家族の使用目的をしっかりと考え、長く愛用できるものを選びましょう
このページでは、ダイニングテーブルやローテーブルの選び方のコツをお伝えします。
少しでもヒントになれば幸いです。ぜひお役立てください。

テーブルとイスの選び方

〇テーブルとイスの置き場所を測る

部屋にテーブルとイスを置く際は、以下のようなスペースの確保が必要です。
①背面が壁の場合:イスを引くスペースを考えて 800mm 以上
②テーブル脇:人が通るスペースを考えて 600mm 以上
③背面に人が通る場合:着席スペースと通行スペースを考えて 1000mm 以上

テーブルとイスの置き場所を測る

〇テーブルのサイズ

何人で使用するかによって、天板のサイズが変わってきます。 以下のサイズは、成人男性がゆったり座っても、隣の人とぶつからない最低基準のサイズです。ゆとりを持ってスペースを確保したい場合は、以下のサイズよりも大きめにオーダ ーすることをおすすめします。

テーブルのサイズ

〇テーブルとイスの高さについて

テーブルとイスの高さは、バランスが大切です。 まずは、イスの座面高を基準に考えます。座りやすいイスの座面高は「深く腰掛けてもか かとがつく高さ(身長の約 1/4)」が理想です。イスの座面高から 270~300mm 足した数値 (差尺)を、テーブル天板高さの目安としてください。なお、一般的なダイニングテーブ ルの天板高さは 700mm 前後です。 すでにお持ちのテーブルに合わせるイスをご検討の場合は、テーブル天板高さから 270~ 300mm 引いた数値を、イスの座面高の目安としてください。

テーブルとイスの高さについて

ローテーブルの選び方

〇床に座って使用する場合

身長によって個人差がありますが、床に座って使用する場合、ローテーブルの天板高さは 350~400mm が目安です。

ローテーブルの選び方

〇ソファーに合わせて使用する場合

物を置くテーブルとして使用するのか、ソファーに座って食事や書き物をするのかで、使 いやすい高さが異なります。 物を置くテーブルとして使用する場合、ソファーの座面高と同じ高さ~50mm 足した数値 をローテーブル天板高さの目安としてください。 食事や物を書くテーブルとして使用する場合、ソファーの座面高から 80mm 以上足した数値をローテーブル天板高さにすることをおすすめします。

ソファーに合わせて使用する場合

幅については、ソファーの座面幅と同じ幅か、それよりも小さい幅にするとバランス良く 見えます。

ソファー幅

〇搬入口を測る

家具を搬入する経路の幅や高さを測り、家具が通り抜けられるどうかを事前に確認してください。玄関・階段・エレベーター等の幅や高さも、念のためご確認することをおすすめ します。

PAGETOP PAGETOP